「一宮」とは古く平安時代から用いられた名称である。国司がその国の神社に一番先に参拝お宮を「一宮」といった。
真澄田神社は尾張の国の「一宮」であった。
一宮の地名も神社を中心に発達していった由来からつけられた
詳しくは
http://www.masumida.or.jpまで